ミャンマーの金融市場を日本企業が支援

Posted by 管理人 on 2013/03/23 under クレジットカード | Comments are off for this article

民間部門大企業の預金用に訪れた男性の従業員は言います。それらは、「中へ達したことがしっかりと通貨紙幣の成立を阻止した、8枚の大きな袋です。」

金融の電子化が進歩していないミャンマーでは、現金決済は基礎です。19の普通銀行に支部はほとんどありません。また、アカウントを持った人々は完全な人の口の約5%として使われます。

貸出期間が制限された「会社または個人のためのローンの非常に保守的な管理」をする日本の銀行の短期取引は最高1年およびセキュリティの保存も実行されるのが特徴です。

経済活動が活発になっている場合、銀行を取り囲む環境はさらに変わろうとしています。ミャンマーの中央銀行は、7月に民間部門の17の銀行へ国立銀行でのみ扱うことができた外貨勘定の設立を許しました。

支店のペースはさらに上がり銀行の場合には、設立許可が以前の30店に関して一年半で76軒の店へ増加しました。中小事業者は今後発展したい貿易決済に余念がありません。

昨秋の後にスタートした現金自動預け払い機(ATM)の数は、今、合計で80ですが、それは今後増加するかもしれません。

現金が商品購入の時に銀行口座から直ちに引き落とされるデビットカードは、初めて今月の14日に紹介されました。さらに、クレジットカードの導入はさらに増えるでしょう。急速に増加する企業顧客および観光客に提供るために、クレジットカードは、今後1年ですごく進歩するだろうと金融機関関係者の間で言われています。
ミャンマーは、ヨーロッパ・アメリカの金融機関が軍政の時に経済制裁の影響下で進出していないまれな市場です。日本の銀行はミャンマーの進歩にエネルギーを注ぎ始めました。

三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行および三井住友銀行の大企業の3つの銀行がすべて、ヤンゴンのオフィスを作り日本の会社の支援態勢を準備しました。住友三井は、銀行およびサポート、人材育成に力を入れています。

Comments are closed.

医学論文の翻訳・校正ならジーニアスプラスがおすすめ。英文校正に特化した実績者が秀逸な翻訳で読みやすく品質の高い原稿に仕上げます。M.D.、Ph.Dを保持する日本人と10年以上の翻訳・校正経験者による二重のチェックで、正しい文法で校正するだけでなくグラフの情報が論文の内容と合っているかを確認してくれます。また、一度翻訳・校正してある原稿でも改めてジーニアスプラスで対応することが可能です。

詳しくはこちら