これからキャッシングをする人へ向けたお金の話

ここではキャッシングを借りる際の注意点や借りた後の返済計画の立て方など、キャッシングの基礎を説明しています。

キャッシングはカードローンやクレジットカードで手軽にできるようになりました。また100万円以下の借り入れなら収入証明もいらなくなってきています。

だからと言って、安易にお金を借りるのは危険です。契約をしても必要な時に必要なだけ借りて、ちゃんと返済していきましょう。その方が返済実績もできて、後々お金に困った時にまた借りられます。

このサイトでは以下のカテゴリーに分けて情報を解説します。

 

キャッシングに関して

キャッシングは、金融機関が個人に行なう小口融資を意味します。カードを使用して、消費者ローン、または銀行、ならびにATMの現金支払機からお金を引き出すのは、カード・ローン形式ですが、近年、電話あるいはインターネットおよび口座振替を使用するようになりキャッシングの使用法は多様化しています。

キャッシングの特徴

他のローンと異なり、キャッシングの特徴は借入金の使途は自由ということです、そして利率が銀行のローンに比べて高いことです。

また即日での融資が多いので、資金が必要な場合、急ぐ人には非常に万里に使用することができるのが特徴です。

キャッシングの審査

それはキャッシング会社によって細かな違いはありますが、20以上で一定収入を得られる仕事を持っている人々に申込み資格があります。

正規雇用などでの常勤者に加えて、自営を持っている夫との家政婦、パート・タイムの仕事を持っている人も含まれているので、ほとんどの人がキャッシングの審査を受けることができます。

キャッシングは金融機関によって個人認証を行なった後、ローンは申し込んだ本人への信頼に基づいて融資が行なわれます。また基本的に保証人も担保も必要ありません。

金融機関の審査に基づいた、貸し出しの可否、最大の貸し出し額などが決定されます。融資を受けるお金はATM、店頭、コンビニエンス・ストアなどによって返すことができます。

借りるのではなく増やす?

お金が足りない時に考えるのはキャッシングですが、時間に少し余裕があるのであれば増やすという方法も考えてみては?

ウォーターサーバーの特徴。分かりやすく解説して問題解決

例えばFX。FXとは外国為替証拠金取引の略称で、世界各国の通貨を売買して利益を得る投資商品。投資商品と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、FXは数千円から投資が可能で、理論上、数百倍の利益も狙えるのです。

その理由はレバレッジ。レバレッジは投資している金額の何倍かの金額を投資できる仕組みで、日本では25倍まで運用することが認められています。つまり1万円の資金があれば25万円まで運用でき、利益は25万円を投資したのと同じ額を得られます。

例えば10万円の資金で25倍を運用してみましょう。1ドル100円の時に250万円分の米ドルを買います。そうすると250万円分のドル(25000ドル)となります。そこで1ドル105円となった際にドルを売って円を買い戻すと、25000ドル=105×25000なので265万2500円となって帰ってきます。最初の25万円を差し引いた12万5000円が利益となって帰ってきます。元金が2.625倍になるのです。いかがですか?

さらにFXの特徴として挙げられるのは、始めるまでに時間がかからないこと。最短で2日で口座が開設でき、開設日から投資が可能です。そんなFX。興味のある方は、初心者向けのFXの基礎を紹介しているサイトがありおすすめです。

筆者もこのサイトでFX基礎知識を覚えて、初めて見たのですが。意外と簡単でした。何百万といった大きな利益を出すのは難しいのですが、欲を欠かずに毎日少しずつ利益確定させていくと以外に儲けが出ます。現在では月に20万~30万程度の利益が出せていますので、投資に興味のあるからにはお勧めです。

ミネラルウォーター 販売